D-HEROダイヤモンドガイデッキ | エクストラデッキのカード採用理由

2018年9月16日D-HEROダイヤモンドガイ

見習い魔嬢

この記事では

D-HEROダイヤモンドガイデッキ2018 | デッキトップは全て手札なり」の

エクストラデッキのカード採用理由と使い方を説明していきます(^-^)/

 

エクストラモンスターカードの採用理由について

D-HERO ダイヤモンドガイデッキのエクストラデッキは基本的に自由枠です。

今回はメインデッキだけでは除去が難しい破壊耐性持ちモンスターに対する除去や魔法・罠カードの除去ができること、あとはなるべく相手に高い戦闘をダメージを与える、相手からの戦闘ダメージを抑える、D-HERO ダイヤモンドガイデッキを墓地から回収ことができるエクストラモンスターを採用しています。

サウザンド・アイズ・サクリファイス x 3枚

簡易融合の効果で融合召喚します。

厄介な破壊耐性持ちモンスターを除去することが出来ます。

効果の使用後はリンクリボーの素材として次のターンの防御手段に繋げたり、D-HERO ダイヤモンドガイデッキ共に見習い魔嬢のリンク素材として使用すると無駄がありません。

1デュエル内に簡易融合を3枚全て発動できることは少ないと思いますが、簡易融合が腐ることないよう、また気兼ねなく発動できるように今回は3枚採用しています。

リンクリボー x 1枚

効果の使用後のサウザンド・アイズ・サクリファイスを素材にリンク召喚します。

一切の妨害カードを採用していない今回の構築では貴重な防御手段となります。

1枚採用しておけば何度でも繰り返し使用できるのも便利です。

No.101 S・H・Ark Knight x 2枚

破壊耐性持ちのモンスターを除去する場合に使用します。

戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる効果も、防御手段のないD-HERO ダイヤモンドガイデッキでは重宝します。

場合によっては除去効果を使用せずとも防御目的でエクシーズ召喚することもあります。

破壊耐性持ちモンスターの除去と防御を兼ね備えたD-HERO ダイヤモンドガイデッキと相性の良いカードですので今回は2枚採用しています。

見習い魔嬢 x 3枚

戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の闇属性モンスター1体を手札に加えることが出来ます。

たとえリンク召喚を無効にされ破壊されようが、破壊された後に除外されようが、破壊さえされれば自分の墓地の闇属性モンスター1体を回収することが出来のは地味に強いです。

D-HERO ダイヤモンドガイや召喚僧サモンプリーストをサルベージできるので地味に有り難いカードです。

主に先行1ターン目にD-HERO ダイヤモンドガイと召喚僧サモンプリースト、もしくは召喚僧サモンプリースト2体でリンク召喚します。

また、効果を使用した後のサウザンド・アイズ・サクリファイスとD-HERO ダイヤモンドガイを素材にリンク召喚することも多いです。

攻撃力は1400ですが自身の効果で500アップしますので、実質的には攻撃力1900のモンスターとして使用できます。

もちろんD-HERO ダイヤモンドガイや召喚僧サモンプリーストの攻撃力・守備力もアップさせることが出来ます。

闇属性モンスターの攻守を500アップする効果と、光属性モンスターの攻守を400ダウンする効果は自分・相手の双方に効果が及びますので、場合によってはメリットにもデメリットにもなりますので多少プレイングは考える必要があります。

今回の構築ではかなり多用しますので3枚採用しています。

カルボナーラ戦士 x 1枚

簡易融合で融合召喚できるレベル4モンスター。

エクシーズ素材として使用います。

No.39 希望皇ホープ x 1枚

基本的にSNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニングのエクシーズ素材として使用します。

防御手段のないD-HERO ダイヤモンドガイデッキでは防御手段としても使えなくはないですが、あまりオススメはしません。

SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング x 1枚

自身の効果により攻撃力を5000まで上昇することができる優秀なカード。

効果で破壊できないモンスターや効果をうけないモンスターを倒す手段として使用します。

ダイレクトアタックは出来ませんが、相手の攻撃表示モンスターに攻撃をした場合でもかなりのダメージを与えることが出来ますので、フィニッシャーの役目も担います。

トロイメア・フェニックス x 1枚

カード名が異なるモンスター2体という緩い条件でリンク召喚できるリンクモンスター。

リンク召喚がとてもしやすいので、エクストラデッキに1枚採用しているとなにかと便利です。

相手モンスターのコントロールを得やすいサイドデッキのカード投入後は特に、他のカード以上に使用率が上がります。

リンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てることで相手フィールドの魔法・罠カードを表裏問わず破壊できる効果も今回の構築では非常に有難いです。

今回はエクストラデッキに竜巻竜も採用していますが、こちらのほうが特殊召喚が容易いので差別化は出来ていると思います。

トロイメア・フェニックスについては以下の記事で詳しく考察しているのでもしよければ合わせてお読みください↓↓

No.52 ダイヤモンド・クラブ・キング x 1枚

レベル4モンスター2体でエクシーズ召喚することが出来ます。

自身の効果で攻撃力を3000にすることができ、主にダイレクトアタッカーとして使用します。

このカードはバトルフェイズ終了時に守備表示になるのですが、攻撃表示に比べ守備表示のほうが除去されにくいので利点と言えます。

竜巻竜 x 1枚

除去されたり効果を阻害されたりしなければ自分ターン、相手ターン合わせて2枚の魔法・罠カードを破壊することができます。

効果はフリーチェーンなので相手の永続系魔法・罠の効果の発動を牽制できる他、このカードが特殊召喚成功時に除去される場合でも相手の魔法・罠カードを1枚は破壊することができ、魔法・罠対策としてはかなり使いやすいです。

相手のデッキによりますが、出番は決して少なくないです。