D-HEROダイヤモンドガイデッキ | サイドデッキのカード採用理由

2018年9月16日D-HEROダイヤモンドガイ

ギャラクシー・サイクロン

この記事は以下のページの補足として書いたものですので、こちらをお読みになる前に1度そちらをお読みください↓↓

D-HEROダイヤモンドガイデッキ2018 | デッキトップは全て手札なり

サイドデッキの採用理由と使い方

ネタデッキなのでガチの大会などで使用することはありませんが、しっかりとサイドデッキまで構築しました。

とは言ってもデッキの特性上、採用するカードはやはり通常魔法になってくるうえに、強いカードはメインデッキから採用しているので、サイドチェンジをしてもそこまで大きくは変わりません。

サイドチェンジは相手に合わせて最小限で行います。

ギャラクシー・サイクロン x 3枚

フィールドにセットされた魔法・罠カードを破壊する効果と、自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カードを破壊する効果、2つの効果を持つ通常魔法。

相手が罠カードを多用する場合、このカードが腐ることはまずないですし、相手のフィールド次第ではこれ1枚で魔法・罠カードを2枚破壊することが可能です。

特に2番目の「フィールドの表側表示の魔法・罠カードを破壊する効果」の使い勝手が良く、この効果でD-HERO ダイヤモンドガイデッキの苦手とする王宮の勅命や魔封じの芳香・魔法族の里・スキルドレイン等を破壊することが可能です。

相手フィールドに表側表示の罠カードしか存在せず、手札からの発動が難しい場合には、召喚僧サモンプリーストやライトニング・ボルテックスの手札コストとして墓地に送ったり、自分フィールドに錬装融合や不要な魔法カードをセットして破壊するなどすれば、このカードを素早く墓地に送ることが出来ます。

D-HERO ダイヤモンドガイの効果により墓地で効果を発動する場合には,「フィールドにセットされた魔法・罠カードを破壊する効果」を発動でき、その後さらにギャラクシー・サイクロン自身の効果により墓地のこのカードを除外し「フィールドの表側表示の魔法・罠カードを破壊する効果」を続けて発動することが可能です。

注意点として、D-HERO ダイヤモンドガイの効果で墓地に送った通常魔法を発動する場合、その魔法カードが墓地に存在する必要があるので、両方の効果を使用したい場合には必ずD-HERO ダイヤモンドガイの効果から先に使用する必要があります。

このカード1枚で表側・裏側どちらの魔法・罠カードも対策でき、うまくいけば2枚破壊しアドバンテージを稼ぐことができる優秀なカードですので、3枚積みにしています。

強制転移 x 3枚

相手フィールドのモンスターが1対のみの場合、有無を言わさずそのモンスターのコントロールを得ることが出来ます。
相手が破壊耐性持ちのモンスターを使用するデッキの場合には投入必須となります。

相手フィールドに複数のモンスターがいる場合、コントロールを入れ替えるモンスターは相手が選べるため、狙ったモンスターを奪えません。

なので、破壊耐性持ちのモンスターを確実に奪いたい場合、先にブラック・ホールやライトニング・ボルテックスで他のモンスターを除去すると良いです。

破壊耐性持ちのモンスターに限らず、相手の切り札であるモンスターを奪うことが出来れば有利にデュエルを進めることが出来ます。

過去には準制限カードだったこともあり、強さはお墨付きです。

決まればとても強いカードですので3枚採用です。

デビルズ・サンクチュアリ x 3枚

通常魔法
(1):自分フィールドに「メタルデビル・トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンは攻撃できず、このトークンの戦闘で発生するコントローラーへの戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。
このトークンのコントローラーは自分スタンバイフェイズ毎に1000LPを払う。
または、LPを払わずにこのトークンを破壊する。

自分フィールドに闇属性レベル1のトークン1体を特殊召喚する通常魔法。

闇属性モンスターなので見習い魔嬢のリンク素材として使用することができ、結果として墓地のD-HERO ダイヤモンドガイや召喚僧サモンプリーストの回収に繋げることが出来ます。

強制転移を投入する場合には送りつけるモンスターとしても使用することが出来ます。

相手がモンスターの攻撃力がデッキであれば、魔法の筒がわりにフィールドにおいておくということも出来ます。

リンクリボーの素材とすることもでき、リンクリボーの下にトロイメア・フェニックスをリンク召喚することで相互リンクさせることも出来ます。

リンク素材や防御手段、送りつけるモンスターなど幅広い使い方が出来るので3枚採用しています。

ハンマーシュート x 3枚

フィールド上に表側表示で存在する攻撃力が1番高いモンスターを破壊する通常魔法。

対象を取らずに攻撃力が1番高いモンスターを破壊できるので結構便利です。

効果は自分フィールドのモンスターにも及ぶので発動には注意が必要ですが、ほとんどの場合は気兼ねなく発動することが出来ます。

相手が対象に取れないモンスターを使用してくる場合や、除去魔法を追加したいと感じた時に投入します。

単体除去としてはかなり優秀ですので3枚採用しています。

賢者の聖杯 x 3枚

自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、相手の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。
このターンのエンドフェイズ時、この効果で特殊召喚したモンスターのコントロールを相手に移す。
また、この効果で特殊召喚したモンスターはリリースできず、シンクロ素材とする事もできない。

D-HERO ダイヤモンドガイはフィールドが空になりやすく、相手モンスターの除去力も高いので、容易に発動条件を満たすことが出来ます。

相手の墓地から特殊召喚したモンスターはリリースとシンクロ素材には出来ませんがエクシーズ素材とリンク素材として使用することが出来ます。

相手依存にはなってしまいますが、相手がレベル4モンスターを主体のデッキだったり、闇属性モンスターを主体とするデッキの場合には貴重な特殊召喚カードとして使用することが出来ます。

前からずっと使いたかったカードなので今回3枚採用しています。

 

以下の記事は同じデッキについて書いた記事ですので合わせてお読みください。

  1. D-HEROダイヤモンドガイデッキ2018 | デッキトップは全て手札なり
  2. D-HEROダイヤモンドガイデッキ | メインデッキのカード採用理由
  3. D-HEROダイヤモンドガイデッキ | エクストラデッキのカード採用理由